お問い合わせ
目の病気

糖尿病網膜症

Q1. 糖尿病網膜症はどんな病気ですか?

糖尿病網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つで、糖尿病のコントロール、罹病期間と密接な関係があります。
網膜症は3期に分類すると理解しやすく、第1期は単純網膜症、第2期は増殖前網膜症、第3期は増殖網膜症です。緑内障についで失明原因の2番目の重要な疾患です。
糖尿病と内科で診断されたら、その時に眼科医に眼底検査を受けることをおすすめします。
特にコントロールが悪い方、糖尿病を10年以上患っている方は、網膜症にかかっている確率が大変高くなります。


Q2. どんな症状がありますか?

第2期の増殖前網膜症に進行していても自覚症状がまったくない患者さんも少なくありません。
第3期になりますと、増殖性変化が出てまいります。新生血管が発生し、もろい新生血管が破れて硝子体出血をおこしてくることが多くなりますので、飛蚊症も多くなり視力が急激に悪くなってきます。


Q3. 検査は何をしますか?

眼底検査でおおよその網膜症の進行の精度が分かります。さらに蛍光血管造影撮影FAG、OCTによって網膜症の重症度を判定します。

第1期の単純性網膜症では軽い点状出血、硬性白班がみとめられます。
第2期の増殖前網膜症では眼底の広範囲に出血や硬性軟性白斑が出現してきます。FAGでも造影剤の漏出がいたるところにみられ網膜血管の透過性亢進が認められます。
第3期の増殖網膜症は新生血管が増殖し、いたるところで増殖性変化を認めます。新生血管が破れて硝子体出血を引き起こし眼底がまったく見えないこともあります。


Q4. 治療はどうしますか?

第1期はとくに治療する必要はありません。3〜4ヶ月の眼底検査経過観察をします。
第2期は、レーザー網膜光凝固をする必要があります。レーザー光凝固で網膜症の進行を予防します。部分的に凝固する場合と全網膜を3回に分けて凝固する場合があります(汎網膜光凝固PRP)。
第3期は、レーザー治療だけでは治りません。硝子体手術をおこなって治療します。

レーザー照射レーザー照射


Q5. 糖尿病網膜症例の実際例を示して教えて下さい。

症例 60才代男性
現病歴 特に糖尿病の病歴はなかった。半年前から視力低下があり、運転免許証更新できなかった。眼底検査にて出血、白斑が著明であった。増殖前糖尿病網膜症と診断した。OCTでも著明な黄斑浮腫を認めた。
治療 黄斑浮腫に対して、両眼ルセンティス硝子体注射を行った。その後、両眼に汎網膜光凝固術を行った。
経過 初診時視力 右0.06(矯正視力0.3) 左0.08(矯正視力0.6) 左ルセンティス注射及び両PRP後視力右0.08(矯正視力0.3) 左0.1(矯正視力0.6)であった。
内科 内科受診にて2型糖尿病、高血圧、HbA1C10.8、血糖値288であった。


目の病気

目の病気トップ
白内障
緑内障
加齢黄斑変性症 -AMD-
網膜静脈分枝閉塞症 -BRVO-
糖尿病網膜症
糖尿病黄斑症
黄斑前膜 -ERM-
黄斑円孔 -MH-

ページのトップへ戻る


Copyright © 2014 Hoshino eye clinic All Rights Reserved.