• 【電 話】 0564-28-1411
  • 【FAX】 0564-28-1422

Q1.黄斑円孔はどんな病気ですか?

眼底の一番底の網膜の中心部を黄斑といいます。
黄斑の中心に小さな円孔ができる疾病を黄斑円孔といいます。
黄斑網膜に癒着した硝子体皮質が網膜を索引して小さな円孔ができます。自然に癒着がはずれて治癒することもありますが、手術をしなければ治りません。
近年OCTによって診断がより容易となり、手術によって治るようになりました。

 


Q2. どんな症状がありますか?

中心の視力低下と中心暗点があります。しかし中心がまったく黒い暗点になるわけではありません。変形して見えているようです。円孔が完成してしまいますと視力は0.1以下となり中心が見えなくなります。最後まで周辺視野は残り、両眼視が保たれますので、黄斑円孔に気ずかない場合もあります。




Q3. 検査は何をしますか?

OCTがもっとも確実な診断方法であります。硝子体が網膜を索引して網膜黄斑部に円孔が形成しているのが、OCT像にうつります。アムスラーチャートで中心暗点、ゆがみを調べます。




Q4. 治療はどうしますか?

OCTの画像でStage Ⅰ〜Ⅳ までに分類されてます。
Stage Ⅰ〜Ⅱ では自然治療することもあるので様子をみることもあります。1〜2ヶ月たっても治らなければ硝子体手術をおこないます。
Stage Ⅱ〜Ⅲ は硝子体手術の対象となります。
Stage Ⅳ の中にはすでに進行して大きな円孔が完成してしまって手術の対象とはならないものもあります。
ほしの眼科では黄斑円孔の日帰り硝子体手術をおこなっています。




Q5. 黄斑円孔の症例を教えてください。

症例 70才代女性
現病歴 最近左眼視力が低下した。以前は1.0までみえていた。ゆがんでみえる。
視力 右1.2 左0.15
診断 眼底所見はあまりはっきりしないがOCT画像で黄斑円孔を認めた。
治療 左硝子体手術をおこなった。
経過 術後視力0.7(0.8)と回復した。






診療時間のご案内