• 【電 話】 0564-28-1411
  • 【FAX】 0564-28-1422

Q1. BRVOはどんな病気ですか?

眼底の網膜には、動脈と静脈が走っています。高血圧症などで動脈硬化が悪化しますと、動脈と静脈の交叉部分では硬くなった動脈が静脈を圧迫して静脈は閉塞してしまいます。
閉塞しますと血液が流れなくなりますので、静脈血管から血液成分が漏れ出してその血管領域に眼底出血します。このように、BRVOは動脈硬化が原因となっています。基礎疾患には高血圧、糖尿病といった病気が原因となっていますが、原因がよく分からないこともあります。
出血部位が黄斑部を含みますと黄斑浮腫が発生して大変視力が悪くなります。
このような場合には抗VEGFの硝子体内注射の適応となります。




Q2. どんな症状がありますか?

出血した部位が見にくくなり視野欠損となります。
出血範囲が小さく、黄斑を含まない場合は、まったく気づかないこともあります。
黄斑に出血が含まれる場合は最初から視力が悪く、黄斑から少し離れたの出血であっても黄斑浮腫のため中心のゆがみ(変視症)を伴い、最初良かった視力も急激な低下がみられることもあります。




Q3. 検査は何をしますか?

眼底検査によって診断は容易なことが多い。
蛍光眼底造影FAGやOCTで黄斑部浮腫の大きさや範囲を診断します。




Q4. 治療はどうしますか?

眼底出血が少なく、視力もよく、黄斑浮腫も認められないものは、そのまま何もしないこともあります。 出血が広範囲にあって黄斑部に及びますと黄斑浮腫が発生して、ゆがみがあり、視力が低下します。なるべく早い時期に抗VEGFの硝子体注射を行います。レーザー光凝固が効果的な場合もあります。




Q5. BRVOの実際例を示して教えて下さい。

症例 女性50才代
現病歴 2、3ヶ月前から左眼が見にくかった。眼底検査にて出血を認め、静脈分枝閉塞症BRVOと診断された。
治療 抗VEGFルセンティスの硝子体内注射をした。
経過 治療前、視力左0.5は、治療後1.0と改善した。OCT像でも黄斑浮腫は消失した。






診療時間のご案内