• 【電 話】 0564-28-1411
  • 【FAX】 0564-28-1422

白内障

白内障はどんな病気ですか?
白内障は、「水晶体」が混濁してだんだん見えにくくなってくる病気です。老人性白内障が大部分をしめます。
水晶体はレンズの役目があり、眼底の網膜に像を結ぶ時のピントあわせをしています。

詳しく

緑内障

緑内障はどんな病気ですか?
緑内障は、失明原因の第一位の重要な疾患です。眼内の房水の流れに障害があって、眼圧が高く、視神経を圧迫して視野狭窄をきたします。日本では、眼圧が正常でも緑内障となる患者さんが半数以上で、正常眼圧緑内障と呼ばれています。
一般的には、緩やかに進行してゆく慢性の目の疾患です。人間ドックの眼科検診で眼圧が高い、視神経乳頭陥凹が認められるなどと指摘され来院をされ、検査の結果、緑内障とわかった患者様もあります。

詳しく

加齢黄斑変性症 -AMD-

AMDはどんな病気ですか?
AMDは、食事の欧米化、喫煙と関係があるといわれています。白人種に圧倒的に多い病気とされてきましたが、日本人にもそれ程まれな病気ではなくなってきました。
長年にわたる眼底の中心部すなわち黄斑に光刺激が加わり、脈絡膜から新生血管が発生して出血・瘢痕を繰り返し、中心部が見えなくなる病気です。
片眼のこともあり両眼性にくることもあります。

詳しく

網膜静脈分枝閉塞症 -BRVO-

BRVOはどんな病気ですか??
眼底の網膜には、動脈と静脈が走っています。高血圧症などで動脈硬化が悪化しますと、動脈と静脈の交叉部分では硬くなった動脈が静脈を圧迫して静脈は閉塞してしまいます。
閉塞しますと血液が流れなくなりますので、静脈血管から血液成分が漏れ出してその血管領域に眼底出血します。このようにBRVOは動脈硬化が原因となっています。

詳しく

糖尿病網膜症 -DR-

糖尿病網膜症はどんな病気ですか??
糖尿病網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つで、糖尿病のコントロール、罹病期間と密接な関係があります。
網膜症は3期に分類すると理解しやすく、眼科的治療と密接に関連しています。第1期は単純網膜症SDR、第2期は増殖前網膜症PrePDR、第3期は増殖網膜症PDRです。緑内障についで失明原因の2番目の重要な疾患です。

詳しく

糖尿病黄斑症 -DM Maculopathy-

糖尿病黄斑症とはどんな病気ですか??
基本的は糖尿病網膜症です。黄斑部が障害を受けると大変やっかいでなおりにくく糖尿病黄斑症として別にとりあつかいます。黄斑部は網膜の中心で最も光が集中する部位であり、目に障害が起こった時は最も影響を受けるところです。網膜症の中で、とくに黄斑部の浮腫が強く視力が悪く重症の症例があります。このような症例はなかなか良くなりません。糖尿病網膜症が進行すればそれだけ黄斑部は他の部位より強く障害され浮腫となります。

詳しく

黄斑前膜 -ERM-

黄斑前膜はどんな病気ですか?
加齢とともに硝子体は収縮して後部硝子体剥離をおこします。
その時硝子体の一部が黄斑部の網膜に付着して、それが元となって細胞が増殖して膜を形成して黄斑部をおおいます。これが黄斑前膜です。黄斑上膜ともいいます。眼底検査をしますと黄斑部に白っぽいシワがよった膜状のものが認められます。

詳しく

黄斑円孔 -MH-

黄斑円孔はどんな病気ですか?
眼底の一番底の網膜の中心部を黄斑といいます。
黄斑の中心に小さな円孔ができる疾病を黄斑円孔といいます。
黄斑網膜に癒着した硝子体皮質が網膜を索引して小さな円孔ができます。 自然に癒着がはずれて治癒することもありますが、手術をしなければ治りません。近年OCTによって診断がより容易となり、手術によって治るようになりました。

詳しく

診療時間のご案内