• 【電 話】 0564-28-1411
  • 【FAX】 0564-28-1422

抗VEGF硝子体内注射


新生血管の増殖をおさえる抗VEGFは保険適応が認められて着実に良い成果をあげています。眼科領域の病気に対して、ルセンティスとアイリーアがあり、保険の対象となる病気は、加齢黄斑変性症のほかに、網膜静脈血栓症による黄斑浮腫、糖尿病黄斑症、近視性黄斑新生血管も加えられ、治療効果がますます期待されています。 ただこの抗VEGFの薬剤はとても高額であり、しかも繰り返し使用しないと新生血管の増殖がおさえられないという最大の難点があり、患者様には大変な負担になっています。

【抗VEGF硝子体内注射までの流れ】

対象の病気に対して、注射予約をします。 高額の医療費がかかるため、患者様にはその旨を十分説明させていただき、納得の上で予約いたします。 薬剤の効果の判定は、視力、眼底所見、OCTによっておこないます。 薬剤は眼内に注入されるため、注入後の感染に最も注意をはらわないといけません。注射後の来院は予定日程に従って必ず受診していただきます。 とくに加齢黄斑変性では、最初の3ケ月間は毎月1回、計3回は注射するという方法が一般的であり、その後も必要に応じて注射をしないといけません。患者様には医療費に加えて来院回数でも大変な負担となっています。

診療時間のご案内