• 【電 話】 0564-28-1411
  • 【FAX】 0564-28-1422


手術の種類

当院で行う手術を解説しています。気になる手術をクリックしてください。詳しくご説明いたします。

日帰り白内障手術

【年間700件の手術実績】
当院では、年間600~700件の白内障手術をおこなっています。
術者は中京グループ病院から派遣された実績ある眼科専門医師です。
平成28年2月現在、月3回の手術を吉田則彦医師、伊藤康雄医師、星野彰宏医師が担当しています。
安心して手術を受けていただきたいと思います。

詳しく

日帰り硝子体手術

硝子体手術は、網膜と密接に結びついており網膜硝子体手術ともよばれています。眼科手術の中では、もっとも難しい手術の一つです。近年、手術器具、材料、薬剤、手術の技術などめざましい進歩によって、以前は難治といわれた、網膜硝子体の多くの病気が手術で治るようになりました。

詳しく

眼形成手術 -眼瞼下垂、睫毛内反、翼状片-

当院では平成26年5月から眼形成手術をおこなっています。眼形成手術の手術日は月1回で、中京病院で実績を積んでいる星野彰宏医師が手術担当いたします。対象となる病気は、眼瞼下垂症、睫毛内反症(さかさまつげ)、翼状片などです。その他、ボトックス注射もおこなっています。

詳しく

抗VEGF硝子体内注射 -AMD、BRVO、糖尿病黄斑症-

新生血管の増殖をおさえる抗VEGFは保険適応が認められて着実に良い成果をあげています。眼科領域の病気に対して、ルセンティスとアイリーアがあり、保険の対象となる病気は、加齢黄斑変性症のほかに、網膜静脈血栓症による黄斑浮腫、糖尿病黄斑症、近視性黄斑新生血管も加えられ、治療効果がますます期待されています。ただこの抗VEGFの薬剤はとても高額であり、しかも繰り返し使用しないと新生血管の増殖がおさえられないという最大の難点があり、患者様には大変な負担になっています。

詳しく
診療時間のご案内